転職 履歴書

転職する時の履歴書のポイント

転職する時の履歴書の書き方

転職,履歴書

転職を考えている場合、履歴書はとても重要になってきます。しっかりと採用担当者の目にとまる履歴書を書いて、転職を成功させるようにしましょう。 まず、写真です。写真を撮影する時は、目を開いて口角をあげるようにします。伏し目がちであったり、口角が下がっていると、暗く見えたり消極的に見えるためです。前髪が目にかかっているような状態も避けます。スーツで撮影する事が多いですが、その場合、ネクタイは明るめのものを選びましょう。スピード写真ではなく、スタジオできちんと撮影した方が印象が良いです。 志望動機もとても大切です。曖昧な表現ではなく、このような仕事がしたいから就職を希望するという形で、具体的に書くようにします。資格の欄は持っている資格をすべて書き出さず、希望している会社の仕事に関係のある資格のみを記入するようにしましょう。取得している最中であれば、取得予定時期も記入します。 誤字脱字がないこと、丁寧に書いていること、住所、学校、会社名などを省略せずに書いていること、入学、卒業、入社、退社の年月日は正確であるかどうかなど、しっかりと確認するようにします。 郵送する時は、会社宛であれば御中、個人宛であれば様づけです。 70

転職の機会:結婚という人生の節目

転職,履歴書

転職を考える理由は様々でしょう。今の仕事が性に合わない、人間関係が上手くいかない、他にやりたいことがあるなど人によって様々です。そんな転職の理由の一つが結婚でしょう。人生の節目の結婚、お相手の住居に引っ越すなどの理由で物理的に今の仕事ができない場合や、主婦業をしっかりこなすため、長時間の勤務の正社員ではなくパートやアルバイトなどに転向したいという理由など、その理由も様々です。 パートやアルバイトなどなら、すぐに決まる場合が多いですが、正社員ともなると正直、転職は難しいです。看護師や薬剤師などの資格があれば話は別ですが、特に資格のいらない事務員や営業職などの場合、採用を勝ち取るのは極めて難しいです。そうはいっても絶対に無理というわけではありません。 今ではインターネットでも転職のポータルサイトがいくつかありますので、それらに登録をして気になる企業をチェックして、その中で本当に働きたいところに応募をするという方法がいいでしょう。地道に活動することで、あなたを欲しいと思ってくれる企業が現れるかもしれません。ただ待つだけでなく、資格取得などスキルを磨いたり、ビジネスマナー教室に通って社会人としてのマナーを復習するのもいいでしょう。 71
 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ
72